Work flow

大切な着物をお預かりして、お客様に寄り添ったドレス作りを。

時を経た着物との出逢いは一期一会。お客様の気持ちに寄り添って「一緒に創り上げていく」ことを心がけて制作いたします。
お打ち合わせから納品までの期間は約3〜6か月。打ち合わせ回数、仮縫いの回数などはドレスのデザインによって変わります。
大切な着物が生まれ変わる様子を、一緒に見守っていただければ嬉しく思います。

お問い合わせからご納品までの流れ

  1. お打ち合わせ・お見積り※1
  2. 採寸・デッサン作成
  3. トワルで仮縫い(約2回)
  4. 試着・修正
  5. 着物での制作・試着
  6. ご納品※2

※1:10万円を超えるドレスは、制作前に全体の20%をお支払いいただいております。
※2:10万円を超えるドレスは、完成後残りの料金をお支払いいただいてからの納品となります。
>料金について詳しくはこちら

ドレスができるまでを、ご紹介いたします。

Measurement 採寸

全体のバランスを見るため、全身を採寸させていただきます。
採寸は30分から1時間ほどで完了いたします。また、遠方の方には採寸シートをお送りいたします。(デザインや仕様によっては、直接お会いできるお客様に限らせて頂く場合もございます。ご相談ください。)
納期が迫っている場合には、お打ち合わせで採寸まですることもございます。

>採寸について、詳しくはこちら

Fitting 仮縫い

お預かりした着物で制作する前に、仮布での仮縫いをいたします。仕上がった仮縫いをご試着いただきシルエットを確認しながら、どの辺りに柄をもってきたいなどのご希望も確認いたします。その他細かいご希望もお聴きしながら、お客様の理想のデザインに合わせて修正いたします。

Kimono  着物でのお仕立て

お預かりしていた着物を、一目一目丁寧にほどきます。すべて解き、布の状態になったらまずは水洗いします(※着物によっては水洗いはしないこともあります)。次にアイロンをかけ、その状態で全体を細かく傷やシミをチェックします。すべて確認ができたら、仮縫いをもとにドレスに仕立てていきます。

>素材となる着物についてはこちら
>シルエットについてはこちら

Final adjustments 最終調整

完成したものを試着していただき、シルエット、丈、着心地などをご確認いただきます。特に問題がなければ晴れて納品となります。さらに修正や調整箇所が必要であれば、修正箇所をお直し後に納品となります。

You got a one and only dress! 完成!