Brand

“想い出の着物から作る「晴れの日のドレス」

アンティークやヴィンテージの着物、成人式で着たきりの晴れ着、譲り受けた大切な着物。
もしも今、あなたの身近にある着物の出番が少なくなってしまっているのなら、椿屋に預けてみませんか?
椿屋は、そんな大切な着物をドレスやワンピースにオーダーメイドで仕立て直します。
お預かりした着物の糸をほどく時、その”古布(こふ)”に敬意をはらいながら、一目一目ていねいにほどいてゆきます。
日本の美や伝統技術、職人、そして袖を通した人など、あなたの手に渡るまでに様々な”ストーリー”を受け継いだ着物。
仕立て直したのちにもストーリーが受け継がれ、また紡がれていくことを想いながらお仕立ていたします。
「何気ない日にもさりげなく着られる服に」
「結婚式出席の際に着られるフォーマルなワンピースに」
「演奏会で自分を演出するドレスに」
「世界にただ一着だけのウェディングドレスに」
美しく、歴史と価値の色褪せない着物の”古布(こふ)”を、現代そしてこの先の時代にまでも、
着る人を輝かせる一着として、あなたに末長く纏っていただけたら嬉しいです。
古布(こふ)についてはこちら

A dress for a special occasion- birthdays, anniversaries, weddings, graduations, stage productions or just a simple dress for a daily occasion. If you have a memorable kimono that you love but you have no opportunity to wear it, why don’t you remake it into a special dress? I can remake from any type of kimono such as antique, vintage or personal ones. A kimono is full of the memories of the people who wore them and they are made from precious fabrics inherited with Japanese beauty and traditional techniques.
When I receive your kimono, I first carefully undo the stitches without damaging the fabric. I always work with respect and care towards your valuable kimono, starting to sew it up with the hope that the old memories of the kimono are handed down into the new dress creating your own new story. My pleasure is to remake “a sleeping kimono” in your closet into a beautiful, bright and unique piece. I can take orders for casual, formal, wedding dresses and stage costumes as well.
Tsubakiya

羽生真理(Mari Hanyu) Dress Designer

 幼少期より、祖母に教わりながら服をつくることが好きでした。
 10代になり、綺麗な布や面白い布で服をつくりたいと生地屋・古着屋をめぐる中で、昔の着物の美しさに出逢い夢中になりました。もちろん着物として着たい思いもありましたが、スカートやワンピースにすれば、日々の生活でも着られるかな?と思ったのが「着物ドレス」の始まりです。
 服作りへの想いが高じて服飾の学校へ進学。卒業後は舞台衣装製作の現場で経験を積み「非日常」を創り出す舞台衣装のとりこに。
 そして同じ頃、個人的な制作にも活動の場を広げ、「椿屋」としてかねてから想いを温めていた"着物"を素材としたドレスの製作を開始します。
 Desaignfestaなどでの作品発表以降、百貨店等での出展を重ね、2010年には NHK教育「美の壺」にも出演。
 現在ではドレス以外にも、バッグや帽子、アクセサリー雑貨、そしてより日常にも着られる服なども制作。これらの作品も、一貫して着物の生地を使用しています。幼少期から変わらぬ服飾制作への想いをそのままに、そして常に"着物と人"の心を大切に、日々様々な制作に向かい合っています。

I started to be fascinated with kimonos when I was a teenager. Although I loved to wear it, it was a bit difficult to wear it nicely by myself. This gave me the idea of remaking a kimono into a kimono dress. After graduating from fashion school, I began to work at a stage costume making atelier. I’ve been designing and making kimono dresses since 2005.

  • 2001 Graduated from ESMOD JAPON (Design and Pattern Making)
    Involved in the production of stage costumes at [Roppongi Kingyo]
  • 2003 Worked in the costume department of “Gekidan Shiki”
    Worked in the limited company “Back Stage” – acquired advanced skills in stage costume making
  • 2005 Founded “Tsubakiya”-remaking dresses from kimono
    Exhibited at DESIGNFESTA
  • 2006 Started exhibiting work in department stores
  • 2009 Organized “Tsubakiya Fashion Show” at “Festival of cloth playing in Japanese” at Grand Prince Hotel Akasaka
  • 2010 Appeared on NHK Education “Bi-no-Tsubo”